スバル・フォレスターについて

スバル(富士重工業)のSUV「フォレスター(FORESTER)」は、インプレッサをベースに開発され、初代モデルは1997年に登場しました。
その後2002年に2代目、2007年に3代目、そして2012年に現行モデルの4代目が登場しております。
主なライバルは同じスバルのXVをはじめ、トヨタのハリアー、ホンダのヴェゼル、日産のエクストレイル、マツダのCX-5などです。
2012年にデビューした現行型は、いかなる悪路でも走破できるスバル独自の4WDシステム「シンメトリカル4WD」と制御システム「X-MODE」をを搭載しております。
エンジンはスバルのお家芸である水平対向エンジン「SUBARU BOXER」2.0Lガソリン(JC08モード燃費・15.2km/L)と直噴ターボ(JC08モード燃費・13.2km/L)を搭載しております。
トランスミッションはスバル独自のCVT「リニアトロニック」と6速マニュアルです。アイドリングストップ機能を搭載しております。
車内は見晴らしが良く死角も少ない、開放感と安心感にあふれた設計の運転席とゆとりある車内空間、乗り降りしやすい乗降性、幅広いジャンルに対応した積載容量の広い(505?)カーゴルームを備えております。
安全性能は、フロントガラス上部に積載されたカメラで常に前方を監視し、必要に応じて自動ブレーキなどの制御を行う運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」を搭載しております。
車体本体価格は廉価版の2.0iで税込価格214万9千200円からです。直噴ターボモデルは291万2千760円からとなっております。

車を長持ちさせる方法について説明します

車は非常に値段が高いものでありますから、購入をしたからには長い期間使用することが好ましいでしょう。そのために大切なのがオイル交換です。車の中にはオイルが搭載されていて、それを使用して車は走ります。エンジンの熱を放出するのを促したり、汚れを取ってくれる作用もあります。車の動きをスムーズにするという効果もあります。しかし、オイルは使用されるごとに汚れていきます。その結果として、効果を発揮しなくなります。オイルが汚れた状態で車が走り続けると故障してしまうのです。ですから適度なタイミングでオイルを交換するべきなのです。オイル交換のタイミングは車によって異なりますので、車検をした時にディーラーに相談をしてみるとよいでしょう。その目安として期間で見るか走行距離で見るかがありますが、そのどちらでも良いです。適切なオイル交換を行うことで車の寿命を延ばすことができるのです。車はそう簡単に買うことができないですし、移動手段としても重要な役割をになっていますから大切に使いましょう。

それ以外には定期的に車内を清掃したり、タイヤの状態を確認することも必要ですね。適度にメンテナンスをするということです。自分だけで全てを賄うのは難しいので、車検をした時にしっかりと状態を見てもらいましょう。車を所有するとお金がかかってしまいますが、必要なところにお金をかけないと思わぬ故障が発生してしまうかもしれませんので、気をつけましょう。

アイドリングストップのちょっとした落とし穴

最近は、アイドリングストップを搭載した車が増えてきましたね。信号待ちをしていた車が発進する際に、エンジンがかかる音がすると、「あ、アイドリングストップの車だ」なんて思う事もしばしば。
しかし、このアイドリングストップシステムは、ちょっとクセがあるんです。
車種によりますが、このシステムはON/OFFが可能です。デフォルトではONですが、ボタンを押すとOFFとなります。ただ、あくまでもエンジンをかけるごとに、リセットされてしまいます。
また、アイドリングストップ状態であっても、ギアがドライブ(D)でブレーキを踏んでいる時。ギアをニュートラルにすると、エンジンがかかってしまいます。
開かずの踏切や長い交差点で、足が疲れたからとニュートラルやパーキングにしてしまうと、システムがOFFとなりエンジンがかかります。長時間エンジン停止状態で待つということが出来ません。
右折時にも注意が必要です。車の間隔によって「この間隙をついて行ける!」と思う瞬間がありますよね。しかし、右折時に交差点の真ん中でエンジンストップした状態から(ブレーキから足を離して)エンジンをかけて発進という流れは、意外に時間がかかるものなのです。
右折時にはシステムをOFFにしておくと、後ろの車にクラクションを鳴らされたり追突されたり、また、直進車と衝突したりといった事故は防げるのではないでしょうか。
カーセブン 買取 流れ

愛車ラパンを上手に売るには

ラパンを売るなら、まずはラパンの中古車価格査定サイトを使ってどれくらいの値段が付くか目安を立てましょう。インターネット上に車を売るための見積もり査定ができるサイトがたくさんあるので、いくつか使いやすそうな気に入ったサイトをピックアップします。車種にラパンを選んで、年式や走行距離、オプション装備など入力フォームを完成させて送信するとすぐに見積もり価格が計算できる便利なシステムです。
本気で売ることを考えているなら、実際にディーラーや中古車買取専門店にラパンで赴いて、店舗で査定を受けるのがいいでしょう。オンライン査定よりも細かくチェックされ、専門家が外装や内装、エンジンルーム、走行具合などをしっかりと査定します。自分で店舗に行くことができない人は、プロが自宅まで来てくれる出張査定サービスを提供している会社もあるので、問い合わせてみるといいでしょう。料金は無料の場合が多いので、時間がなかったり忙しい人には最適です。見積もり結果は即日ではなく後日改めて通知されるケースが一般的で、インターネット査定のようにすぐに値段は出ませんが、その分しっかりと計算された信頼性のある評価額なので、これを基準にこれからラパンを売る値段を決めるといいでしょう。
新車を買う店に下取りに出すか、ネットオークションや友人知人等に個人で売るかは自分次第ですが、間違えた値段をつけて後で後悔しないためにも、最初の価格査定を怠らないようにしましょう。