アイドリングストップのちょっとした落とし穴

最近は、アイドリングストップを搭載した車が増えてきましたね。信号待ちをしていた車が発進する際に、エンジンがかかる音がすると、「あ、アイドリングストップの車だ」なんて思う事もしばしば。
しかし、このアイドリングストップシステムは、ちょっとクセがあるんです。
車種によりますが、このシステムはON/OFFが可能です。デフォルトではONですが、ボタンを押すとOFFとなります。ただ、あくまでもエンジンをかけるごとに、リセットされてしまいます。
また、アイドリングストップ状態であっても、ギアがドライブ(D)でブレーキを踏んでいる時。ギアをニュートラルにすると、エンジンがかかってしまいます。
開かずの踏切や長い交差点で、足が疲れたからとニュートラルやパーキングにしてしまうと、システムがOFFとなりエンジンがかかります。長時間エンジン停止状態で待つということが出来ません。
右折時にも注意が必要です。車の間隔によって「この間隙をついて行ける!」と思う瞬間がありますよね。しかし、右折時に交差点の真ん中でエンジンストップした状態から(ブレーキから足を離して)エンジンをかけて発進という流れは、意外に時間がかかるものなのです。
右折時にはシステムをOFFにしておくと、後ろの車にクラクションを鳴らされたり追突されたり、また、直進車と衝突したりといった事故は防げるのではないでしょうか。
カーセブン 買取 流れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>